世祖(セジョ)と「死六臣」の対決/朝鮮王朝歴史全集3

 

朝鮮王朝を揺るがす大事件が起こったのは1453年10月10日でした。この日、首陽大君(スヤンデグン)が金宗瑞(キム・ジョンソ)の屋敷を急に訪問し、隙をついて金宗瑞を襲って排除しました。




政権が一夜で転覆

首陽大君は端宗(タンジョン)のところに急行し、「金宗瑞が謀反を企てたので倒しました。ほかに謀反に加わった者たちを呼び出したいので王命を発して招集してください」と迫りました。
気弱な端宗は有力な後見人を失い、首陽大君の言いなりなってしまいます。身の危険も感じたのでしょう。このままでは殺されるとおびえた端宗は、「叔父さん、私を生かしてください」と言ったと伝えられています。
結局、端宗は脅しに屈する形で高官を全員呼び出す王命を発し、首陽大君は、1人ずつしか通れない狭い門からみんなが入ってくるように仕向けます。そのうえで、味方はそのまま入れて、反対派はその場で撲殺しました。




こうして一夜にしてクーデターが成功します。朝鮮王朝の歴史の中でも、政権が一夜で転覆した稀有な例ということになります。
政敵をすべて排除した首陽大君は政権の要職を独り占めし、真綿で首をしめるように端宗を追い詰めます。堪えきれなくなった端宗は、1455年についに王位を首陽大君に譲ります。
(ページ2に続く)

王の座を奪った世祖(セジョ)はどんな人生を歩んだのか

世宗(セジョン)の願いをふみにじった世祖(セジョ)の王位強奪!

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

王朝の危機に手を結んだ貞熹(チョンヒ)王后と韓明澮(ハン・ミョンフェ)!

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る