首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

 

4代王・世宗(セジョン)の二男が首陽大君(スヤンデグン)だった。彼は若いときから武に長(た)けていて兵書に明るく、学問にも精通していた。二男ではなく長男に生まれたら、朝鮮王朝の歴史でもっとも悲劇的な事件を起こした張本人にならずとも、りっぱな王になっていたと思われる。

野心が強すぎた男

首陽大君の兄は学問に没頭した長男・文宗(ムンジョン)であり、弟は優れた芸術家だった三男・安平(アンピョン)大君だったが、首陽大君が兄弟と違ったのは、野心が強すぎたことだった。




彼は「病弱な兄より文武を備えた自分こそ後継者にふさわしい」といつも思っていた。特に、自分の武人としての資質を周囲に見せようとした。体格以上に大きくつくった服を着て、いつも風を切るように歩いた。
寒い冬に狩りに出るときも、1人で薄着に徹した。そんなときは、わざと動きが鈍い馬を選んで乗った。馬が踏み外して転んだら、すらりと飛び降りる場面を演出したいためであった。
しかし、世宗の長男・文宗への信頼に揺るぎはなかった。(ページ2に続く)

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生

イ・バンウォン(李芳遠)は実力で3代王・太宗(テジョン)になった!



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る