世宗(セジョン)の願いをふみにじった世祖(セジョ)の王位強奪!

 

518年という長い歴史を誇った朝鮮王朝だが、これほど“長寿”だったのは、厳格な身分制度と絶対的な王権によるところが大きい。こうした体制は初代王の太祖(テジョ)がつくり始め、3代王・太宗(テジョン)の治世時代に基盤が確立されていった。さらに、朝鮮王朝を磐石にしたのが4代王の世宗(セジョン)である。

世孫の誕生を熱望

1418年、王位に就いた世宗は、朝鮮王朝の文化をはぐくみ、生活技術の向上に尽くした。
彼は32年もの長い間、朝鮮王朝の王として手腕を振るった。
最大の業績は、民族独自の文字の「ハングル」を創製したことだ。この快挙によって、彼は朝鮮王朝最高の聖君と称賛されている。




それほど有能な王だった世宗だが、彼にも一つだけ悩みがあった。それは長男である世子(セジャ/王の正式な後継者のこと)が病弱で、二男が王位に執着をもっていたことだった。
世宗は自分の死後、王位をめぐる争いが起きないように、早くから世子に結婚を勧めた。世孫(セソン/世子の息子で、世子の次に王位継承権がある)の誕生を心待ちにしたのだった。
そこで、世子は13歳のときに4つ年上の金氏(キムシ)と結婚した。
しかし、世宗の思惑とは裏腹に、若い世子は金氏を愛することができず、彼女に近づくことすらしなかった。(ページ2に続く)

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)

貞熹(チョンヒ)王后の代理政治!朝鮮王朝王妃側室物語5

仁粋(インス)大妃の悲惨な最期!朝鮮王朝王妃側室物語6



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る