張禧嬪(チャン・ヒビン)の正体!謎多き魔性の女

王の寵愛を失った張禧嬪

息子が生まれてよほどうれしかっのか、粛宗は1689年に仁顕(イニョン)王后を廃妃にして、空いた王妃の座に側室の張禧嬪を迎え入れた。
しかし、張禧嬪の評判は良くなかった。慕われていた仁顕王后を追い出したという印象があまりに強かったからだ。
特に、仁顕王后が粛宗によって離縁された顛末(てんまつ)を風刺した小説「謝氏南征記(サシナムジョンギ)」が市中に出回ると、庶民は改めて仁顕王后に同情し、張禧嬪に批判の目を向けた。




粛宗も「謝氏南征記」を読んだようだが、怒るよりむしろ仁顕王后を哀れに思う気持ちが強くなった。
それは、張禧嬪からはっきり心が離れたことを意味していた。一時はあれほど惚れ込んでいた女性だったのだが、粛宗は優柔不断な性格で、時間とともに張禧嬪を王妃にしたことを後悔し始めた。
そんなとき、粛宗の目にとまったのが淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だった。時代劇『トンイ』の主人公になった女性である。
張禧嬪のもとを訪ねる回数がめっきり減った粛宗は、その代わりに、淑嬪・崔氏のもとを足しげく通うようになった。(ページ3に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!ドラマと史実はどう違うのか

張禧嬪(チャン・ヒビン)の人生!なぜ悪女と呼ばれるようになったのか

奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

韓国時代劇の最高のキャラはやっぱり張禧嬪!




ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る