政変を起こして最高実力者になった首陽大君(スヤンデグン)!

 

首陽大君は1453年に「癸酉靖難(ケユジョンナン)」と呼ばれる政変を起こして、端宗(タンジョン)を補佐する大臣たちをことごとく殺した。これは完全な越権行為である。仮に反逆者がいたとしても、まずは捕らえて自白させるのが常識だった。法で正々堂々と裁くためには絶対にそうすべきなのである。




臣下の地位を越えた

徹底した中央集権体制だった朝鮮王朝では、死刑を言い渡せるのは王だけだった。王にしか、死刑判決を下す権限がなかったのだ。
それも法に照らして決められるものであり、いくら王でも確かな証拠がなくして簡単に処罰できるものではなかった。
しかし、首陽大君は弟の安平大君(アンピョンデグン)や、金宗瑞(キム・ジョンソ)を初めとする大臣たちを何の取り調べもしないまま殺している。
証拠も何もなかったのだ。
結局、反逆の全貌を明らかにしなかったのは、それだけ殺された人たちに罪はないという反証になるのではないか。
癸酉靖難は首陽大君の野心をかなえるための一方的な政敵虐殺だ、という評価が後に残ったのは、こういうことが影響している。
このように癸酉靖難が正当性を持てないということは、この事件で生まれた首陽大君を中心とする政権自体に大義名分がないということになる。正当性のない政権は歪曲された道へ進んでしまう。それが首陽大君が後世に汚名を残す理由となった。




結局、癸酉靖難の次の日、首陽大君は王朝のすべての政治的権力を手中におさめた。彼が得た官職は、それ以前もそれ以後も誰も持てなかったほど強力だった。いわば、総理大臣であり王の顧問であり政府記録管理者であった。
また、政府の人事権と国の軍事統帥権も握っていた。一応、王が任命するという形は取っていたものの、常識的には存在できない、いや、存在してはならないほどの職責を首陽大君は独り占めにしたのだ。
それに加えて、首陽大君は特別に王室護衛部隊100人の警護も受けるようになった。すでに臣下の地位を越えたともいえるだろう。
(ページ2に続く)

悲劇の国王・端宗(タンジョン)/朝鮮王朝歴史全集4

『不滅の恋人』のイ・ガンは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)のこと!

首陽大君(スヤンデグン)は甥から王位を奪って世祖(セジョ)になった!

安平大君(アンピョンデグン)が『不滅の恋人』のイ・フィとして甦った!

安平大君(アンピョンデグン)と対立した首陽大君(スヤンデグン)は何をしたか?




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る