安平大君(アンピョンデグン)が『不滅の恋人』のイ・フィとして甦った!

 

NHKのBSで放送の『不滅の恋人』に出てくるイ・フィという王子は、4代王・世宗(セジョン)の三男だった安平大君(アンピョンデグン)がモデルになっている。この安平大君は、「書の名人」として今でも韓国で高い評価を受けている。




競争心が強かった兄弟

世宗は長男の文宗(ムンジョン)を世子(セジャ/王の正式な後継者)にしたが、二男の首陽大君(スヤンデグン)と三男の安平大君にも大いに期待していた。
特に、首陽大君と安平大君については、兄の文宗をしっかり支えてほしいという気持ちを強く持っていた。
そこで、世宗は二人に重要な仕事をまかせた。天文観測やお経の翻訳、世宗の陵の場所を決めることなど、国家の重要事業を二人が一緒に管理するようにしたのであった。
世宗の晩年には、王命を伝えることも二人がやっていた。王家の中でも重要な位置にいる大君(正室が産んだ王の息子)たちの一人に一方的に権力が偏ると、後に王権の脅威になると考えた配慮だった。
長く一緒に政治に参加していた二人だったが、兄弟愛よりも競争心が強かった。
武人的な資質を持っていた首陽大君に対して、安平大君は詩、書、画に長けた芸術家だった。




特に書は中国までその名がとどろき、彼の書がほしいと願う人が多いほどであった。それだけに、安平大君の自負心も兄である首陽大君に負けなかった。

対抗できる存在

二人の大君の力が大きくなるにつれて、彼らのまわりには人が集まり始め、彼らがライバル的な関係になると、王宮では首陽大君派と安平大君派ができて、対立するようになっていった。
1450年に文宗は世宗の王位を継いだが、わずか2年で亡くなった。
文宗の長男であった端宗(タンジョン)が6代王となった。
しかし、まだ11歳だったので、後見人が必要だった。その筆頭が重臣の金宗瑞(キム・ジョンソ)である。




金宗瑞を含む大臣たちは、王位に野心を燃やす首陽大君を牽制するために安平大君を頼った。なにしろ、巨大な力を持っている首陽大君の存在は脅威であり、対抗できる存在は安平大君しかいなかった。
大臣たちに支えられて安平大君は兄の首陽大君を越えるほどの勢いを得た。このように宮廷の力が安平大君に集まっていたものの、それでも首陽大君は虎視眈々と王位強奪の機会をうかがった。
(ページ2に続く)

安平大君(アンピョンデグン)と対立した首陽大君(スヤンデグン)は何をしたか?

政変の原因!首陽大君(スヤンデグン)と安平大君(アンピョンデグン)の対立

『不滅の恋人』のイ・ガンは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)のこと!

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

王の座を奪った世祖(セジョ)はどんな人生を歩んだのか



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る