温達(オンダル)と平岡姫(ピョンガンヒ)!高句麗で一番有名な夫婦

 

夫を大出世させたということで日本では「山内一豊の妻」がよく知られていますが、韓国にも教科書に載るほど有名な話が古代の三国時代にあります。それが、温達(オンダル)と平岡姫(ピョンガンヒ)の夫婦物語です。




まさか王女が……

高句麗(コグリョ)の25代・平岡王(ピョンガンワン/在位は559~590年)には泣き虫の娘がいました。
この平岡姫があまりに泣くので、平岡王は「泣いてばかりいると、まともなところに嫁に行けないぞ。せいぜい、『馬鹿の温達(オンダル)』の妻にしてもらえ」と口癖のように言っていました。
この温達というのは、正直で優しい男でしたが、目が見えない母を抱えて貧乏のどん底にいました。身なりがあまりに汚れていたので、周囲の人たちからいつも馬鹿にされていたのです。
平岡姫が16歳になったとき、平岡王は娘を良家に嫁がせようとしました。これに反発したのが平岡姫でした。
「あれだけ『温達の妻になれ』と言われたからそうします。王が前言をひるがえしてはいけません」




平岡王は怒りましたが、平岡姫は宮殿を飛び出して温達の家に向かいました。しかし、王の娘が自分のところに嫁に来たことが温達は信じられませんでした。
「人間とは思えない。狐か鬼が化けているのだろ」
平岡姫は追い返されてしまいました。
(ページ2に続く)

神秘に包まれた朱蒙(チュモン)の人生とは?

広開土大王(クァンゲトデワン)はどんな英雄だったのか

古代を記した歴史書「三国史記」「三国遺事」とは何か

時代劇『善徳女王』の大ヒットで注目された新羅の三人の女王!

善徳(ソンドク)女王はどんな女性だったのか(前編)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る