時代劇『善徳女王』の大ヒットで注目された新羅の三人の女王!

 

2009年、韓国MBCがイ・ヨウォン主演で『善徳女王』(全62話)を放送したときは、「いいところに目をつけた」と感心した。なにしろ、朝鮮半島の歴史上で女王が君臨した例はほんのわずかしかない。希少価値があるのだ。狙いは当たり、『善徳女王』は最高視聴率が40%を越える大ヒットとなった。




情が深く明敏だった

『善徳女王』の ストーリーは史実とはかなり違っている。ドラマでの善徳女王は、双子の妹として生まれ侍女に育てられる。また、ミシルという妖女が政権を操っていて善徳女王の前に大きく立ちはだかる。
とにかく、即位するまでの善徳女王にあらゆる苦難が襲いかかる。それが視聴者をハラハラさせて「続きが見たい」と思わせたのだろうが、ほとんどがフィクションなので、純粋にエンタテインメントとして楽しめばそれで十分である。
歴史書『三国史記』によると、実際の善徳女王はさしたる困難もなく「順番だから」というように王位に就いた感じだ。それは次の記述からもうかがえる。
「善徳女王の名は徳曼(トンマン)で、真平王(チンピョンワン)の長女だ。徳曼は生まれつき情が深く明敏だった。王が亡くなって子供がいなかったので、人々に推挙されて王になった」




わずか数行だが、この記述の中に善徳女王の波瀾万丈の人生を感じさせるものはない。娘ではあるが、親である王が亡くなったのでごく自然に王を引き継いだ感じだ。しかし、これではドラマにならないので、「女王だった」という既成事実だけを生かし、あとは創作して時代劇『善徳女王』が生まれた。
(ページ2に続く)

善徳(ソンドク)女王はどんな女性だったのか(前編)

善徳(ソンドク)女王はどんな女性だったのか(後編)

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

韓国時代劇の傑作紹介3『善徳女王』



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る