「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

 

韓国時代劇が人気になって、朝鮮王朝時代の悪女たちのことがよく知られるようになると、「朝鮮王朝三大悪女」として3人の女性が挙がるようになった。それが張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)である。この中でいったい誰が一番の悪女なのか。




無惨な最期

「朝鮮王朝三大悪女」と呼ばれる女性たちは、いったいどんなことをしたのか。それをまず見てみよう。
張緑水(チャン・ノクス)は最下層の身分の出身で、妓生(キセン)となった後で、10代王・燕山君(ヨンサングン)に気に入られて側室となった。
燕山君は、政治を顧(かえり)みずに酒池肉林に溺れた暴君として有名だが、それをそそのかしたのが張緑水である。
彼女は燕山君と一緒になって、国の金庫が空っぽになるくらいに金銀財宝の浪費を続け、庶民はそのあおりで増税を強いられてしまった。
それゆえ燕山君も憎まれたが、側室として悪行の限りを尽くしていた張緑水も非常に恨まれていた。
結局、燕山君は1506年にクーデターによって王宮を追われて島流しの後に病死したが、張緑水も庶民の怒りを買って首をはねられた。
彼女のことを憎んでいた人たちは、その遺体に石塚ができるほどの石を投げたと言われている。




次は鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)について。
彼女は11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后の手先になった女性である。
鄭蘭貞も低い身分から妓生になり、文定王后の弟であった尹元衡(ユン・ウォニョン)に近づいて、その寵愛を受けるようになった。ついには尹元衡の妻を毒殺して自ら妻になり、さらには文定王后の意を受けて、宮中で様々な事件の実行犯となっている。
文定王后の威光によって尹元衡と鄭蘭貞は最上級の身分にまで出世したのだが、1565年に文定王后が世を去ると、後ろ盾を失った2人は王宮から逃亡して、最後は地方で自害せざるを得なくなった。
三番目の張禧嬪(チャン・ヒビン)について。
彼女は1680年に女官として王宮に入ったが、大変な美貌の持ち主で19代王・粛宗(スクチョン)にすぐに気に入られて側室になった。




1688年には粛宗の王子を出産。粛宗が仁顕(イニョン)王后を廃妃(ペビ)にしたときに張禧嬪は代わりに王妃の座に上り詰めたが、「トンイ」こと淑嬪(スクピン)・崔氏(チェシ)の出現によって粛宗の寵愛を失った。
1694年に粛宗が仁顕王后を再び王妃に戻すと、張禧嬪は側室に降格になり、1701年には仁顕王后を呪い殺すための呪詛(じゅそ)をしたという罪で自害に追い込まれた。しかし、張禧嬪が産んだ息子は粛宗の後に20代王・景宗(キョンジョン)として即位しており、王の母になった事実は間違いない。
以上のように3人を見てきたが、果たして誰が一番悪女なのか。
(ページ2に続く)

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る