「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

 

韓国時代劇が人気になって、朝鮮王朝時代の悪女たちのことがよく知られるようになると、「朝鮮王朝三大悪女」として3人の女性が挙がるようになった。それが張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)である。この中でいったい誰が一番の悪女なのか。

無惨な最期

「朝鮮王朝三大悪女」と呼ばれる女性たちは、いったいどんなことをしたのか。それをまず見てみよう。
張緑水(チャン・ノクス)は最下層の身分の出身で、妓生(キセン)となった後で、10代王・燕山君(ヨンサングン)に気に入られて側室となった。
燕山君は、政治を顧(かえり)みずに酒池肉林に溺れた暴君として有名だが、それをそそのかしたのが張緑水である。




彼女は燕山君と一緒になって、国の金庫が空っぽになるくらいに金銀財宝の浪費を続け、庶民はそのあおりで増税を強いられてしまった。
それゆえ燕山君も憎まれたが、側室として悪行の限りを尽くしていた張緑水も非常に恨まれていた。
結局、燕山君は1506年にクーデターによって王宮を追われて島流しの後に病死したが、張緑水も庶民の怒りを買って首をはねられた。
彼女のことを憎んでいた人たちは、その遺体に石塚ができるほどの石を投げたと言われている。(ページ2に続く)

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

張禧嬪(チャン・ヒビン)を演じた女優たち

なぜ朝鮮王朝を舞台にした時代劇は刺激的なのか(前編)

朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る