張禧嬪(チャン・ヒビン)に惚れ抜いた粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝歴史全集12

 

19代王の粛宗(スクチョン)は孝宗(ヒョジョン)の孫にあたります。在位期間中は農業と商業を活性化させて庶民の生活水準を向上させたことが功績になっています。その一方で、自己中心的で女性問題で何度もトラブルを起こしています。

写真=植村誠




息子を救った母

粛宗は1674年に13歳で即位しました。「希代の妖女」と言われた張禧嬪(チャン・ヒビン)を宮中で見初めたのは1680年のことです。その当時、張禧嬪は宮中で女官という立場にありましたが、粛宗はその美貌に一目ぼれして、「寝ても覚めても張禧嬪」という状態になりました。
その様子に危機感を持ったのが粛宗の母親の明聖(ミョンソン)王后です。粛宗を溺愛していた彼女は女の勘で「張禧嬪は息子に災いをもたらす」と察し、すぐに「あの女を王宮から追放せよ」とお達しを出します。それによって張禧嬪は宮中から追い出されてしまいます。
その後、粛宗は原因不明の高熱で重体になってしまいます。息子の一大事に取り乱した明聖王后は、ワラにもすがる思いで巫女を呼びました。その巫女が全快を願う祈祷を続けたうえで、明聖王后にこう言いました。
「大妃(テビ)様の背中に何かがとりついていて、殿下を苦しめています」




明聖王后は巫女の言葉をすっかり信用し、真冬にもかかわらず何度も何度も水を浴びました。身を清めて、とりついているものを祓(はら)おうというわけです。
しかし、度が過ぎたようです。冷水を浴びすぎたことが原因でからだを壊し、明聖王后は亡くなってしまいます。すると、粛宗がコロッと治りました。彼は母の命と引き換えに全快したのです。
(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)に死罪を命じた粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝歴史全集13

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の急死/朝鮮王朝歴史全集11

〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の息子を産んで起こった騒動とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る