華麗なファン・ジニ(黄真伊)の人生は謎に包まれている!

 

ファン・ジニ(黄真伊)は、両班(ヤンバン/朝鮮王朝時代の貴族階級)の庶子として、16世紀前半に松都(ソンド/現在の開城〔ケソン〕)で生まれた(正確な生年は不明)。身分制度が厳格だった朝鮮王朝だけに、庶子はきびしく差別された。それでも、ファン・ジニはたぐいまれな才能を持っていて、小さい頃から学問に習熟して詩を書いた。




罪作りな美女

朝鮮王朝時代は、女性が文芸では生きられない時代だった。ファン・ジニは妓生(キセン)となり、その美貌が評判になった。
そんな美女を男性が放っておくわけがない。たとえば、生き仏といわれるくらい修行に明け暮れた禅師は、ファン・ジニの魅力に負けて破戒僧になってしまう。いわば、罪作りな美女だったのである。
また、碧渓守(ピョク・ケス)という知識人は、ファン・ジニが風流な人物としか会わないと聞き、こう言った。
「それほどの評判ならば、私が落としてみせる」
碧渓守は意気込んだ。
そして、月夜にファン・ジニの家のそばで意味ありげに琴を弾いて、彼女を誘い出そうとした。
そうやって黄真伊が現れたら、馬にまたがり立ち去るつもりだった。つまり、誘い出して無視する作戦だったのだ。




確かに、ファン・ジニは月夜に現れた。
そして、詩を朗々とうたいあげた。
そのあまりのすばらしさに碧渓守は魅せられた。
彼は、ボーッとなってしまい、あえなく落馬してしまった。
なんとも冴えない作戦失敗だった。
(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の正体!謎多き魔性の女

「トンイ」こと淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)の怪しい正体!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

チマ岩の伝説のヒロイン端敬(タンギョン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語9

暴君を手玉にとった張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝王妃側室物語8



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る