奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

死罪となった張禧嬪

浮気性だった粛宗は、張禧嬪から淑嬪・崔氏に心変わりしてしまう。その結果、それまで王の寵愛を受けていた張禧嬪は冷遇され、代わりに淑嬪・崔氏が寵愛を受けるようになった。
仁顕王后を慕っていた淑嬪・崔氏は、粛宗に仁顕王后を王宮に戻してほしいと願った。すると、粛宗は高官たちの反対を受けながらも張禧嬪を側室に降格させた。そして、1694年に仁顕王后が再び王妃となった。




しかし、張禧嬪は王妃の座を諦めたわけではなかった。自分の息子が王になれなくなる可能性があると思っていた彼女は、自分の部屋の近くに神堂を建てて、仁顕王后に呪いをかける呪詛(じゅそ)を行なった。その影響かはわからないが、仁顕王后は1701年に世を去ってしまった。
その後、張禧嬪が呪詛を行なっていたことを淑嬪・崔氏の報告で知った粛宗は、激怒して張禧嬪を死罪にしてしまった。
王宮の中でわがままに振る舞っていた張禧嬪だが、彼女も粛宗によって振り回された被害者の1人と言えるだろう。

文=康 大地(コウ ダイチ)

〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

「トンイ」こと淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)の怪しい正体!

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る