〔特集〕もしかして医女のチャングム(長今)は何人もいた?

 

韓国時代劇の金字塔となった『宮廷女官 チャングムの誓い』。このドラマが大人気になったおかげで、朝鮮王朝時代の医女だったチャングム(長今)は超有名人になった。彼女のことを知らない韓国の人は、おそらくいないだろう。

果たしてどんな人間だったのか

確かに、チャングムはよく知られる歴史上の人物になったが、「実際にチャングムはどんな女性だったのか?」と聞かれても、答えられる人はほとんどいない。朝鮮王朝の正史である「朝鮮王朝実録」に出てくるチャングムの記述はほんの10カ所程度にすぎず、どんな人間かがわかる内容は皆無だからだ。
特に注目したいのは、「朝鮮王朝実録」の1515年3月22日の記述だ。そこには、「医女である長今の罪は大きい。産後に王妃の衣装を替えるべきなのに、それをしないでおくとはどういうことなのか」と書かれてある。
この記述で「王妃」と記されているのは、11代王・中宗(チュンジョン)の二番目の正室だった章敬(チャンギョン)王后である。




彼女は中宗の長男(後の12代王・仁宗〔インジョン〕)を出産した直後に亡くなっている。その際に、チャングムは不手際の責任を問われているのだ。
朝鮮王朝で随一の名医だった許浚(ホ・ジュン)でさえ、14代王・宣祖(ソンジョ)が1608年に世を去ったときに、王の主治医として処罰されている。当時、王や王妃が亡くなると、たとえ主治医にミスがなくとも形のうえで罪人にされたのだ。
当然ながら、チャングムも罪を問われて何らかの処罰を受けた可能性が高い。
そんな彼女が、引き続き王族の診察を担当できたのだろうか。
しかし、「朝鮮王朝実録」によると、その後もチャングムは医女として王族の診察をしていて、しばしば褒美を得ている。(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

韓国ドラマで女性脚本家が優秀な理由



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る