光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

光海君について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

政治的な業績

王座を守るためとはいえ、兄弟の命を奪ったのはあまりにも非道であった。
しかし、朝鮮王朝の歴史を見ると、親族を殺して王位を守った人物は何人もいる。
3代王・太宗(テジョン)も弟たち2人を殺害しているし、7代王・世祖(セジョ)は甥から王座を奪って自害に追い込んだうえに、弟たちの命も奪っている。
つまり、朝鮮王朝の歴史というのは王家の争いの結果でもあったわけで、その点では光海君だけが責められるわけではない。




しかも、太宗と世祖は実力を持った大王として業績を残しており、光海君もそれに続くことはできたはずである。
実際、光海君は政治的に大きな業績をいくつも残している。
外交面では、強大な後金の侵略を防ぐために、巧みな立ち回りで後金との関係をうまく保っていた。
これによって、朝鮮半島は後金の侵略を防ぐことができていた。
また、庶民の減税につながる大同法を首都の周辺から実施して、後には全国に拡大するつもりであった。(ページ3に続く)

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった

光海君(クァンヘグン)の「やむにやまれぬ人生」!

仁穆(インモク)王后はどうしても光海君(クァンヘグン)を斬首にしたかった!

光海君(クァンヘグン)の妻だった廃妃・柳氏(ユシ)/朝鮮王朝廃妃(ペビ)列伝2




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る