仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

 

1623年に、光海君(クァンヘグン)を王宮から追い出して16代王となった仁祖(インジョ)。クーデターを成功させるまでは果敢な行動力を見せたが、王になってからの彼にはどんな実績があるのだろうか。




並外れた決断力

仁祖(インジョ)がクーデターを成功させたのは、用意周到な準備があったからだ。彼は、光海君(クァンヘグン)の一番の罪状として、大妃(テビ/王の母)であるはずの仁穆(インモク)王后を幽閉して身分を剥奪したことを挙げた。
儒教を国教とする朝鮮王朝においては、血がつながっていないとはいえ、母にあたる仁穆王后を厳しく処罰するというのは、あってはいけない倫理観なのである。
そのことを一番に糾弾すべく、仁祖は光海君に怨みを抱く者たちを集めて挙兵した。
光海君側にも油断があったとはいえ、仁祖は先王を退位に追い込んで、まったく新しい政権を作った。
これは、並外れた決断力がなければできないことだ。
それを実行したという意味で、仁祖は非常に能力の高い男であった。しかし、それは王になるまでの話である。
王になってからの仁祖はどうだったか。




仁祖の一番の大失敗は、朝鮮半島の北部で強大な国家を築いていた後金を甘く見てしまったことだ。
仁祖は、もともと後金を「辺境の蛮族」として卑下していた。自分たちのほうがはるかに格が上だと勘違いして、後金が兄弟の関係を築こうと話をしてきても、無視してまったく取り合わなかった。
その結果、どうなったのか。
どんどん強大になっていく後金は朝鮮王朝に対して強い怨みを持つようになり、二度にわたって大軍で押し寄せてきた。それによって、朝鮮王朝は圧倒的な軍事力の前に屈辱的な降伏を強いられた。
1637年1月、仁祖は清(後金から国号を変更)の皇帝の前で、ひざまずいて地面に額をこすりつけた。
そんな謝罪を強いられたのだ。




これほどの屈辱を受けた王は、それまでまったくいなかった。そういう意味では、恥辱にまみれた国王と言っても過言ではない。
その後の朝鮮王朝はどうなったのか。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)はなぜ趙氏(チョシ)をあれほど寵愛したのか

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

仁祖(インジョ)と昭顕世子(ソヒョンセジャ)の不幸な親子関係!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る