仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

 

1623年に、光海君(クァンヘグン)を王宮から追い出して16代王となった仁祖(インジョ)。クーデターを成功させるまでは果敢な行動力を見せたが、王になってからの彼にはどんな実績があるのだろうか(仁祖については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

並外れた決断力

仁祖(インジョ)がクーデターを成功させたのは、用意周到な準備があったからだ。彼は、光海君(クァンヘグン)の一番の罪状として、大妃(テビ/王の母)であるはずの仁穆(インモク)王后を幽閉して身分を剥奪したことを挙げた。
儒教を国教とする朝鮮王朝においては、血がつながっていないとはいえ、母にあたる仁穆王后を厳しく処罰するというのは、あってはいけない倫理観なのである。




そのことを一番に糾弾すべく、仁祖は光海君に怨みを抱く者たちを集めて挙兵した。
光海君側にも油断があったとはいえ、仁祖は先王を退位に追い込んで、まったく新しい政権を作った。
これは、並外れた決断力がなければできないことだ。
それを実行したという意味で、仁祖は非常に能力の高い男であった。しかし、それは王になるまでの話である。
王になってからの仁祖はどうだったか。(ページ2に続く)

なぜ朝鮮王朝を舞台にした時代劇は刺激的なのか(前編)

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?

朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか

韓国のドラマはなぜ時代劇がとても多いのか



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る