正祖(チョンジョ)は貞純(チョンスン)王后を処罰しなかった/朝鮮王朝歴史全集15

 

1762年に米びつの中で餓死した思悼世子(サドセジャ)には10歳の息子がいて、英祖が1776年に亡くなったときに王位を継いでいます。それが22代王の正祖(チョンジョ)です。ドラマ『イ・サン』の主人公になっている王です。

写真=植村誠




「思悼世子の子なり」

正祖は24歳で王になったのですが、即位後の第一声が「朝鮮王朝実録」に詳しく出ています。そのとき正祖は居並ぶ臣下を前にしてこう言いました。
「嗚呼!寡人は思悼世子の子なり」
この「寡人」というのは、王が自分のことをいうときの言葉です。韓国語では「クァイン」と発音します。
正祖が「嗚呼!寡人は思悼世子の子なり」と言ったとき、周りの重臣たちはこぞって恐れおののきました。その理由は、正祖が父の死に関わった者たちを絶対に許さない、という意思を示したと思ったからです。
実は、思悼世子は処罰を受けて米びつの中で餓死していますので、いわば罪人扱いであり、正祖が思悼世子の息子のままでは王位を継承できません。
そこで、実は正祖は、思悼世子の兄で早世していた孝章(ヒョジャン)の養子になっていました。
形のうえで正祖の父は孝章なのです。




ところが、王になった途端に、正祖ははっきりと思悼世子の息子であることを強く宣言しました。
その強い主張は「粛清の嵐」を予感させました。
結果は、その通りになります。
思悼世子を陥れた人たちが次々に厳罰になりました。その中には、亡き父の妹や母の叔父も含まれています。これを見ても、思悼世子の身内にいかに敵対勢力がいたかがわかります。
(ページ2に続く)

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)はなぜ餓死させられたのか

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

貞純(チョンスン)王后!政治を好き勝手に動かした恐ろしい王妃

手段を選ばなかった貞純(チョンスン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語13



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る