イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

 

朝鮮王朝にいた27人の王の中で、ドラマ『イ・サン』の主人公になった22代王・正祖(チョンジョ)ほど学問に精通した王は他にいなかった。「学問の道に進んでいれば、大学者になっていたことだろう」。そう評価されるほど、正祖の文才と博識は際立っていた。

 

起きているための手段

正祖は、もともと頭脳明晰ではあったが、それ以上に大きかったのは夜通し読書にいそしんだことだ。といっても、ただの本好きではない。もっと切実に、夜に本を読まなければならない事情があった。




それは、寝ている間に暗殺されることを防ぐためだった。
世孫(セソン/王の正式な後継者となった孫)になって以来、常に命の危険にさらされていた彼は、寝る時間を少なくして自らの身を守ろうとした。読書は起きているための手段でもあったのだ。(ページ2に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑2

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

https://goo.gl/MHH8xZ

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

https://goo.gl/xiEKaZ

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

https://goo.gl/t8LDqF



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る