英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲惨な親子関係/朝鮮王朝歴史全集14

英祖の聡明な息子

粛宗は1720年に59歳で世を去ります。後を継いだのは張禧嬪の息子で、20代王の景宗(キョンジョン)として即位しました。
この景宗はとても性格がよかったそうで、張禧嬪とは違って人望もありました。けれど、在位わずか4年で亡くなります。享年36歳でした。
彼には子供がいませんでした。「張禧嬪に腹の下を握られて失神したことが原因では?」とも言われていますが、もともと病弱だったことも影響していたのでしょう。
景宗に後継ぎがいないので、異母弟となる「淑嬪・崔氏の息子」が1724年に21代王になりました。それが英祖(ヨンジョ)です。
朝鮮王朝の中でも政治的な業績が多い名君と称されている英祖。彼の時代は派閥争いが激しかったのですが、英祖は各派閥から公平に人材を登用する政策で成果をあげました。今でいうと、絶妙な人事をする指導者だったといえます。




「そんな王がなぜ……」
そう首をかしげざるをえない出来事を英祖は起こしています。それが息子の餓死事件です。この事件の背景を説明しましょう。
英祖の最初の正妻は貞聖(チョンソン)王后でした。2人の間に子供はいなかったのですが、英祖には側室が産んだ息子が2人いました。長男の孝章(ヒョジャン)は早世してしまいましたが、次男の荘献(チャンホン)は聡明な男子として成長しました。実際、わずか10歳で政治の表舞台に立って意見がいえるほど頭脳明晰でした。しかし、才がまさりすぎて、高官たちを批判して恨みを買ってしまったことが後々に響いてきます。要するに、いたずらに反対勢力をつくってしまったのです。
(ページ3に続く)

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)はなぜ餓死させられたのか

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

貞純(チョンスン)王后!政治を好き勝手に動かした恐ろしい王妃

張禧嬪(チャン・ヒビン)に死罪を命じた粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝歴史全集13




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る