英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

 

朝鮮王朝の27人の王の中で、在位期間が一番短かったのは12代王・仁宗(インジョン)の8カ月。逆に、一番長かったのは52年間も王位に就いていた21代王・英祖(ヨンジョ)である。80歳を過ぎても王の座に就いていたのは彼しかいない。

悲惨な出来事

英祖といえば、1762年の大事件が有名である。
それは、次の国王の座が約束されていた思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めて餓死させた事件である。
あまりにも悲惨な出来事であり、息子を米びつに閉じ込めた英祖は、無慈悲な父と思われてきた。




確かに、やってはいけない暴挙である。
しかし、英祖はなぜそこまでやらなければならなかったのか。
「朝鮮王朝実録」の記述をこまめに読んでいくと、英祖が朝鮮王朝の王位継承を深刻に憂慮していたことがわかる。
思悼世子は頭脳明晰な世子(セジャ)であったはずなのに、成長するとともに酒乱で素行が悪くなり、側室を殺したり家臣に暴力を振るったりしていた。しかも、怪しげな人物たちと放蕩を繰り返した。(ページ2に続く)

『テバク』はいつの時代を描いているのか

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

イ・ソジン主演!激動の時代を生きた王の生涯を描いた『イ・サン』

なぜ朝鮮王朝を舞台にした時代劇は刺激的なのか(前編)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る