罵声を浴びた仁祖(インジョ)/朝鮮王朝歴史全集10

 

1623年、光海君(クァンヘグン)に対して怨みを持っていた綾陽君(ヌンヤングン)がクーデターを起こし、油断していた光海君は廃位となって王宮を追われ、江華島(カンファド)に流罪となりました。




4番目の長寿

光海君の妻も廃妃となって一緒に島流しになります。その妻は船中で光海君に向かって
「こんな辱めを受けたのですから、一緒にここで死にましょう」と迫ります。しかし、光海君は命を惜しみました。
島流しにあったあと、光海君の息子夫婦は逃亡に失敗して死罪になってしまいます。それを悲観した光海君の妻も首を吊って自殺します。このように妻と息子夫婦は悲惨な目に遭いましたが、光海君は長生きしました。
江華島の後に済州島(チェジュド)に流されます。この島は都から一番遠く、重罪人が流されるところです。光海君も、まさか自分がさいはての地に連れていかれるとは思っていませんでした。
周囲も気をつかって、船に幕を張って行き先がわからないようにしました。それでも、済州島に着けばすぐにわかります。




光海君は「こんなさいはての地にまで……」と言って慟哭しました。そばにいた役人は「ご在位中に奸臣に惑わされなければよろしかったのですが……」と言ってなぐさめるしかありませんでした。
それでも、光海君は済州島で長く暮らし、66歳で世を去りました。人の運命というものは、本当にわかりません。光海君は王宮を追放されてから18年間も生きています。結局、27人の王の中で4番目の長寿でした。
(ページ2に続く)

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の急死/朝鮮王朝歴史全集11

光海君(クァンヘグン)の即位/朝鮮王朝歴史全集9

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

仁祖(インジョ)と昭顕世子(ソヒョンセジャ)の不幸な親子関係!

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る