悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

 

1623年、16代王・仁祖(インジョ)は、15代王・光海君(クァンヘグン)からクーデターで王位を奪った。有能な王の登場を予感させた仁祖だが、即位してからは失態が目立つようになった。1624年、クーデターの功臣・李适(イ・グァル)を冷遇したことにより、反乱が起こった。

屈辱を受けた国王

辺境の守備隊長を務めていた李适の反乱は、朝鮮王朝の国防を弱体化させた。その結果、北方の異民族である後金の侵攻を許してしまう。




仁祖はなんとか和睦を成立させるが、当時の朝鮮王朝は中国大陸の大国・明を崇めていたため、後金を“辺境の蛮族”と蔑(さげす)む態度を変えなかった。朝鮮王朝の対応に腹を立てた後金は、1636年12月、国号を清と改め、大軍を率いて朝鮮半島に攻めてきた。
朝鮮王朝は圧倒的な軍事力に対抗できず、仁祖は清の皇帝の前で土下座して謝罪。さらに、臣下の礼を強要された。これほどの屈辱を受けた国王も、朝鮮王朝には他にいなかったのではないだろうか。(ページ2に続く)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

〔特集〕仁祖(インジョ)と貴人(キイン)・趙氏(チョシ)が捏造した毒アワビ事件!

貞明公主(チョンミョン・コンジュ)の結婚!



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る