『オクニョ』を演出したイ・ビョンフン監督のドラマ作りとは?

脇役が重要

三番目の特徴は、多彩な脇役陣を使って人間のペーソスを描くということだ。
イ・ビョンフン監督のドラマには、必ず道化役的な人物が出てくる。
その人たちは、主人公を取り巻きながら、ストーリーの中で人間の素直で泥臭い部分をどんどん出していく。
ときにはコミカルな描き方をしながら、人間の多様性を描いていくのがイ・ビョンフン監督のやり方だ。




実際、そういう脇役たちによってドラマは大きく動いていく。そういう意味でも、イ・ビョンフン監督は脇役の使い方がうまい。
以上のように、「歴史的な史実をドラマに取り入れること」「主人公が苦労して成長していくサクセスストーリーであること」「豊富な脇役陣で人間関係を巧みに描くこと」がイ・ビョンフン監督の3つの演出法だと言えるだろう。
そのスタイルは、『オクニョ』にも十分に受け継がれている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ソジン主演!激動の時代を生きた王の生涯を描いた『イ・サン』

チョ・スンウ主演!韓国時代劇で初の獣医を描いた『馬医』

韓国時代劇の傑作紹介8『トンイ』

韓国時代劇の傑作紹介6『宮廷女官 チャングムの誓い』



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る