歴史に埋もれた奇皇后の最期!

都を捨てて逃げた元

落ち目の奇皇后だったが、事態が急転した。
トゴン・テムルの正室だったバヤン・フトゥクが亡くなり、側室だった奇皇后が念願の皇后になった。
それは、つかのまの皇后であった。
すでに、中国の各地で漢民族による反乱が勢いを増し、1368年には新たに「明」が建国された。
元は明の怒濤の攻撃を防ぎきれず、皇室がモンゴル高原まで逃げて、そこで新たに「北元」を名乗った。
この北元の皇帝となったのが奇皇后の息子のアユルシリダラだ。




すでにトゴン・テムルは逃避行の際に命を落としていた。
「息子が皇帝になる」
悲願を成就した奇皇后はどうなったのか。
彼女もまた、元が逃げたときに行方がわからなくなっていた。
果たして、奇皇后の最期はどのようなものだったのか。
歴史上から彼女の存在が抹殺されてしまった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

奇皇后は果たして何をしたのか?

奇皇后に象徴される貢女(コンニョ)とは何か?

奇皇后は中国の皇室にどう食い込んだのか

〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る