奇皇后は果たして何をしたのか?

 

中国大陸を支配した元によって13世紀に占領された高麗王朝は、以後、元に服従せざるをえなかった。元は多くの貢ぎ物を高麗王朝に要求した。その1つが、「貢女(コンニョ)」だった。多くの女性を差し出せということだ。

元に渡った奇皇后

貢女の要求は過酷だった。
困った高麗王朝は、貢女を出す家には十分な報酬を出すことにした。それでも応じる人はおらず、仕方なく、罪人や奴婢の妻や娘たちを強制的に集めた。それは、本当に悲しい歴史だった。
そんな中で特殊な例だったのが奇皇后だ。彼女は、下級官僚の奇子敖(キ・ジャオ)の娘で、大変な美人だった。
その奇皇后が元に渡ったのは1333年と推定される。彼女の美貌を利用しようとしたのが、高麗出身の宦官(かんがん)だった高龍普(コ・ヨンボ)だ。奇皇后を皇室付きの女性として推薦することで、立場を強くしようと考えたのだ。




事実、12代皇帝トゴン・テムルは奇皇后に惚れ込み、すぐに彼女を側室にした。
嫉妬したのが、トゴン・テムルの正室のタナシルリだ。
彼女は奇皇后に敵意を抱いた。
タナシルリは元の重臣のエル・テムルの娘だった。それで正室になれたのだが、トゴン・テムルとエル・テムルが厳しく対立するようになると、タナシルリの立場も危うくなっていった。
ストレスが強くなったタナシルリは、奇皇后を執拗にいじめた。鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。(ページ2に続く)

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

https://goo.gl/szaZWP

〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

https://goo.gl/aYayLD

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

https://goo.gl/S6oFNi




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る