歴史に埋もれた奇皇后の最期!

 

奇皇后は、中国大陸を支配する元の皇帝に寵愛されて、我が子を皇太子にまでした。その権力は絶大で、高麗王朝でも奇皇后の一族が政治を牛耳るようになった。しかし、時代は激しく動いていた。

写真=韓国MBC『奇皇后』公式サイトより

奇一族に対する不満が噴出

高麗王朝で悪政を行なった奇一族は、他人の土地を強奪して、その住人を強制的に奴婢にした。
もう、やりたい放題であった。
しかし、奇一族の栄華も長くは続かなかった。
奇一族が高麗王朝で政治を牛耳ることができたのは、元で奇皇后が権力を持っていたからなのだが、その元の国力か衰退していった。




こうなると、高麗王朝でも奇一族に対する不満が噴出した。その筆頭だったのが、31代王の恭愍王(コンミンワン)だった。
彼は復権の機会をうかがっていた。
すると、奇皇后の兄の奇轍(キ・チョル)は、恭愍王を排除しようと画策した。しかし、奇轍の行動は恭愍王にすっかりもれていた。
すかさず、恭愍王が先に動いた。(ページ2に続く)

奇皇后は果たして何をしたのか?

奇皇后に象徴される貢女(コンニョ)とは何か?

奇皇后は中国の皇室にどう食い込んだのか

〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る