中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった

 

『宮廷女官 チャングムの誓い』にもよく登場していた11代王・中宗(チュンジョン)。韓国時代劇の中では登場回数がとても多い王である。果たして、実際にはどんな王であったのか。

1506年の政変

中宗は、王子の時代に晋城大君(チンソンデグン)と呼ばれていた。
暴君として有名な燕山君(ヨンサングン)の異母弟であり、本人は「とうてい王になれるわけがない」と思い込んでいた。それだけに、王子としてのんびりした生活を送っていた。ただし、燕山君によくいじめられていたので、その点では苦しい思いをしていたのは間違いない。
彼の人生が劇的に変わったのは1506年だ。




あまりにひどい政治を続けていた燕山君が、家臣たちによってクーデターで王宮を追われることになった。
クーデター軍は大義名分として「燕山君の統治があまりにもひどいので、正しい政治に戻したい」ということを強調したが、代わりの王を擁立(ようりつ)する必要があった。白羽の矢が立ったのが晋城大君である。
クーデター軍は晋城大君の屋敷に行って、「次の王になってください」と願い出たのだが、晋城大君はすぐに断った。(ページ2に続く)

韓国時代劇の傑作紹介6『宮廷女官 チャングムの誓い』

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?

韓国時代劇の華麗なる系譜(前編)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る