元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

 

1392年に朝鮮王朝を建国した太祖(テジョ)の五男である芳遠(バンウォン)は、1400年に3代王の太宗(テジョン)となった。その彼を妻として支えたのが元敬王后(ウォンギョン)王后(1365-1420年)だが、その生活は、夫婦円満というわけにはいかなかった。

夫婦仲は冷めきった

1382年に芳遠と元敬王后は結婚した。
芳遠は父王の後継ぎになるためにありとあらゆる努力をした。そこには元敬王后の協力もあった。
彼女は政敵の襲撃を知らせたり、武器を用意してクーデターを成功に導いたり……と、芳遠を支え続けた。




その芳遠は1400年に太宗(テジョン)として即位するが、妻である元敬王后がいなければ政敵に殺されていた可能性も高かった
つまり、妻は命の恩人でもあるのだ。
しかし、即位後の太宗は、元敬王后を敬遠し始めた。
彼女も、夫である太宗に12人の側室がいることに耐えられなかった。こうしたことが原因で、2人の関係は徐々に崩れていき、夫婦仲は完全に冷めてしまった。
その後、2人の間にはさまざまな問題が起こる。その中で、元敬王后が一番腹を立てたのが、彼女の実家を没落させようと太宗が計画していたことだ。
1410年にそれが実行され、元敬王后の兄弟たちが処刑されてしまった。(ページ2に続く)

神徳王后(シンドクワンフ)の無念!朝鮮王朝王妃側室物語1

なぜ朝鮮王朝を舞台にした時代劇は刺激的なのか(前編)

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る