光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名から名君へと評価が一変した国王

 

14代王の宣祖(ソンジョ)には14人もの息子がいた。しかし、正室は長く病床にあったので、息子はすべて側室から生まれた庶子であった。その中で、長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君(クァンヘグン)が世継ぎ候補になっていた。その後継者争いは、どんな展開になったのか。

待望の嫡男

後継者争いで臨海君は分が悪かった。素行が悪く王の資質に欠けると見られていたからである。
しかも、豊臣軍による朝鮮出兵のときに捕虜になってしまい、解放されたあとは、その屈辱から酒びたりとなって何かと問題を起こしていた。
一方の光海君は、豊臣軍との戦いで王朝軍の一部を率いて活躍した。宣祖は光海君を世継ぎとして指名するつもりだった。
当時は中国の明(みん)に世継ぎが決まったことを報告し、その許可を得る必要があった。宣祖も1594年に明に使節を派遣したのだが、「長男を指名しない根拠が明確でない」という理由で、明は許可を出さなかった。
当時は豊臣軍との戦いで明も多くの援軍を派遣してきており、朝鮮王朝に対して強い態度を見せていた。




結果的に、世継ぎ問題は宙ぶらりんとなった。
1606年になると、さらに混迷した。
宣祖が二番目の正室として迎えた仁穆(インモク)王后が永昌(ヨンチャン)大君を産んだのだ。宣祖にしてみれば待望の嫡男だ。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

光海君(クァンヘグン)の「やむにやまれぬ人生」!

仁穆(インモク)王后はどうしても光海君(クァンヘグン)を斬首にしたかった!

王位を奪われた光海君(クァンヘグン)のその後は?

光海君(クァンヘグン)と兄の臨海君!骨肉の争いの結末は?




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る