孝明世子(ヒョミョンセジャ)はどんな人物だったのか?

 

大ヒットした時代劇『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じた主人公のイ・ヨンは、歴史的には孝明(ヒョミョン)世子と呼ばれた。彼は果たして、どんな人生を歩んだのだろうか。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




18歳で国王の代理となる

◆孝明世子は23代王・純祖(スンジョ)の長男として1809年に生まれた。母は純元(スヌォン)王后である。
◆孝明世子は幼いころから聡明で、わずか8歳で最高学府の成均館(ソンギュングァン)に入学して、さらに学問を積んだ。
◆孝明世子は立派な青年に成長し、18歳から父に変わって政治を代行した。純祖は孝明世子の才能を高く買っていて、早くから政治の表舞台で経験を積ませたいと考えたのである。
◆孝明世子が政治を代行した1827年当時、母の純元王后の実家であった安東(アンドン)・金(キム)氏の一族が政権の中枢を占めていた。そうした困難な中で、孝明世子は優れた統治能力を発揮した。
◆孝明世子は人事を刷新した。それは、安東・金氏の専横を抑えるためで、新しい人材をどんどん登用した。その際に重用されたのは、孝明世子の妻の実家である豊壌(プンヤン)・趙(チョ)氏の一族だった。




◆孝明世子はもともと詩作に優れていたが、その感受性の豊かさは人事面でも発揮された。孝明世子は自分が政治をうまく動かせるように臣下たちを適材適所に配した。その中で、岳父にあたる趙萬永(チョ・マニョン)は孝明世子の後押しによって最大級の出世を果たした。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子)が長生きなら朝鮮王朝の歴史は変わっていたか

イ・ヨンの父の純祖(スンジョ)!気弱な王に何ができたのか

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る