イ・ヨン(孝明世子)が長生きなら朝鮮王朝の歴史は変わっていたか

 

23代王・純祖(スンジョ)の長男として1809年に生まれたイ・ヨンこと孝明世子(ヒョミョンセジャ)。とても優秀な世子だった。しかし、王にならないままに21歳の若さで亡くなっている。もし彼が長生きしていれば……。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




彼の息子が即位したが……

実際の孝明世子はどんな青年だったのだろうか。
父の純祖に代わって18歳で代理聴政(テリチョンジョン/摂政のこと)をして大きな実績を作り、国王になったら名君になるのは間違いないと思われていた。
それなのに、わずか21歳で急死してしまい、孝明世子が国王になる姿を見ることはできなかった。
そのことが本当に残念であった。
ただし、彼の息子が1834年に24代王・憲宗(ホンジョン)として即位したので、孝明世子も草葉の陰で大いに喜んだのではないか。自分が果たせなかったことを息子が実現させたのだから。
とはいえ、やはり孝明世子が王になってどんな政治をするかを見てみたかった。




結局、彼は歴史の中に埋もれてしまったわけだが、それから180年ほどを経て時代劇の主人公として登場して、韓国中に改めてその名が知られるようになった。
しかも、孝明世子ことイ・ヨンを演じたのはパク・ボゴムという長身でハンサムな俳優だった。それだけで孝明世子のイメージはかぎりなくアップした。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

イ・ヨンの父の純祖(スンジョ)!気弱な王に何ができたのか

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る