パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

 

パク・ボゴムが『雲が描いた月明かり』で演じた若きイ・ヨン。この人物は歴史上では孝明(ヒョミョン)世子として有名だ。果たして、どんな人生を送ったのか。その栄光と終焉を追ってみよう。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

聡明だった孝明世子

23代王・純祖(スンジョ)の長男として、1809年に生まれた孝明世子。幼くしてとても聡明だった彼は、5歳のときに正式な後継者である世子(セジャ)となった。
そんな彼の母親の純元(スヌォン)王后は、とても強気な女性で、夫の性格が気弱だったのをいいことに、自分の実家である安東(アンドン)・金氏の一族に権力をもたらすなど、積極的にものごとを進めていった。




一方、孝明世子は8歳のときに最高学府の成均館(ソンギュングァン)に入学し、10歳で成人男性と認められた。
朝鮮王朝では世子は10歳過ぎに結婚することが多かった。孝明世子は豊壌(プンヤン)・趙氏の高官・趙萬永(チョ・マニョン)の娘を嫁に迎えた。それにより、豊壌・趙氏の勢力は一気に拡大していった。
1827年、純祖は成長した孝明世子に代理聴政(テリチョンジョン/王の代理で政治を仕切ること)をさせようとした。孝明世子は、18歳という年齢を理由に一度は断るが、最終的に王命を受けて代理聴政をすることになった。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

https://goo.gl/cb7AzU




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る