英祖(ヨンジョ)とイ・ソンこと思悼世子(サドセジャ)の反省文騒動!

 

英祖は落胆した。彼の次に国王になることが決まっている世子のイ・ソンこと思悼世子(サドセジャ)の評判が極端に悪かったからだ。もともと、思悼世子は幼い頃から聡明だった。学問に励み、詩作や書道で才能を発揮した。しかし、自分の才能に溺れすぎるところがあった。




思悼世子を叱責する父

思悼世子は10歳のとき、当時の最大派閥だった老論派の政治手法を批判してしまった。この一件によって老論派の恨みを買った。
英祖の命令によって思悼世子が政治の一部を仕切るようになったのは、14歳のときであった。
このとき、陰で思悼世子を邪魔したのが老論派の重臣たちである。
こうした批判勢力は思悼世子の悪評を英祖の耳に入れた。事実、思悼世子は酒乱で側近に暴力をふるった。
しかし、老論派は思悼世子の素行の悪さを誇張して英祖に伝えた。
息子が心配でならない英祖はその度に思悼世子を呼んで叱責するのだが、それがまた父子の確執を生んでしまった。
ただし、思悼世子も反省していた。
彼は世子としての自分の立場を自覚し、1757年、22歳のときに承政院(スンジョンウォン/国王の秘書室)に反省文を提出した。




その内容はどのようなものだったのか。
思悼世子の反省文は次のようなものだった。
「私は不肖の息子であり、がさつで誠実さが足りません。本来なら子として道理をわきまえなくてはならないのに、行き違いがあまりに多かったようです。それは誰の過ちでしょうか? もちろん、不肖の息子の過ちです。今やようやく、自分の至らなさに気がつきました。心から後悔している次第です」
「今後は、自らを叱りつけて、過ちを正し、気質を変えていこうと思います。もし、このことを実行できずに過去と同じであったならば、それは私の過ちがさらにひどくなるだけです。王朝のすべての臣僚(臣下のこと)たちよ、私の意思をそのまま受け取り、正しい道に導いてください。それが私の願いです」
この反省文は英祖のもとにも届けられた。
彼もよほどうれしかったようで、次のような感想をもらした。




「とても感心なことだ。まるで地上に昇ってきた太陽を見るような思いだ。早く世に知らせ、過ちを明らかにしないで、改心したことを公にせよ」
英祖は息子の改心を喜んだ。
だが、英祖が喜びに浸っていたのはほんの一瞬だった。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)は夫婦仲が悪かった!

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)はなぜ餓死させられたのか

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!

正祖(チョンジョ)の改革をつぶした貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝歴史全集16



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る