光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

 

1623年にクーデターで王宮を追われた光海君(クァンヘグン)。廃位になってしまった彼は、妻や息子夫婦と一緒に江華島(カンファド)に流罪となった。その後、妻と息子夫婦はどうなったのだろうか。

写真=植村誠

斬首の危機

光海君がクーデターで王宮を追われた後、新しい王位には16代王・仁祖(インジョ)が就いた。この仁祖に対して執拗に光海君の斬首を主張したのが仁穆(インモク)王后だった。
仁穆王后は、光海君の父である14代王・宣祖(ソンジョ)の二番目の正室であり、光海君にとっては継母に当たっていた。
しかし、彼女が産んだ永昌大君(ヨンチャンデグン)は光海君の一派に命を奪われ、仁穆王后も娘の貞明(チョンミョン)公主と一緒に西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されてしまった。
光海君をとことん恨んでいたのが仁穆王后である。それだけに、廃位となった光海君の斬首を強硬に主張した。




しかし、仁祖としては、先の国王を斬首すれば民衆の支持を絶対に得られないと考え、仁穆王后の願いを聞き入れなかった。
結局、光海君の一家は都からも近い江華島に流罪となったが、その後に悲惨な最期を遂げた人が多かった。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

光海君(クァンヘグン)の「やむにやまれぬ人生」!

仁穆(インモク)王后はどうしても光海君(クァンヘグン)を斬首にしたかった!

光海君(クァンヘグン)の妻だった廃妃・柳氏(ユシ)/朝鮮王朝廃妃(ペビ)列伝2

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る