息子の文宗(ムンジョン)を案じて世を去った世宗(セジョン)!

世宗の願い

病弱な面が目立つ世子だが、実は学者も顔負けの博学だった。彼は1414年に生まれているが、成人後にはすぐれた政治手腕を見せて、晩年に病床につくことが多かった世宗を見事に補佐している。
それだけに、将来的には名君となることが期待されていた。
1450年、病が深刻になった世宗は側近を集めて一つの願いを託した。




「余は死期が近い。世子も丈夫ではないので長生きできるとはかぎらない。もしも王位継承問題で騒動が起きたときには、しっかり治めてくれ」
世宗の願いは悲痛だった。
その背景には、王位への執着を捨てない首陽大君の姿があった。
世宗が亡くなったあと、世子が5代王・文宗(ムンジョン)として即位した。
文宗は、統治能力が高い国王であったのだが、からだが丈夫ではなかった。それによって、後には世宗が心配していた王位継承問題が勃発してしまったのである。

構成=「韓国時代劇アンニョン」編集部

世宗を最高の名君にした訓民正音(フンミンジョンウム)の創製!

顕徳(ヒョンドク)王后の復讐!朝鮮王朝王妃側室物語4

世宗(セジョン)の願いをふみにじった世祖(セジョ)の王位強奪!

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る