魔性の女として王を惑わした張禧嬪(チャン・ヒビン)!朝鮮王朝王妃側室物語11

 

貧しい家庭に生まれた張禧嬪(チャン・ヒビン)〔1659年~1701年〕は、ずっと不遇の生活を送っていたが、偶然にも宮廷で働けるようになった。




張禧嬪の野望

王妃たちの世話をしながら、出世を夢見る張禧嬪。美しい容姿を持つ彼女を一目見た粛宗(スクチョン)は、すぐに気に入って、自分の側室にした。
当時、粛宗には正妻の他に側室も多かったが、いつになっても男子が生まれなかった。
これは張禧嬪にとってまたとない好機だった。息子を産めたら次の王の母になれるのが明らかなのだ。1688年、張禧嬪は念願の男子を出産した。
30歳になろうとする粛宗にとって、初めての息子を得た喜びはひとしおであり、彼は1690年に張禧嬪との間に生まれた息子を後継者に指名した。
王の寵愛を一身に集めた張禧嬪は、粛宗の気持ちを巧みに誘導し、正室だった仁顕(イニョン)王后を庶民に格下げすることに成功した。こうして張禧嬪は粛宗の正室となった。




張禧嬪は日に日に増長していく。彼女は自分の一族たちを高官に迎え、やりたい放題に過ごした。
しかし、張禧嬪の時代は長く続かなかった。粛宗は新たに後宮に入った淑嬪(スクピン)・崔氏(チェシ)に愛情を注ぐようになったのだ。張禧嬪は危機感を抱き、彼女に陰湿な嫌がらせを始めた。そうした矢先に、淑嬪・崔氏は粛宗の子供(後の英祖〔ヨンジョ〕)を宿した。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)の正体!謎多き魔性の女

奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

「トンイ」こと淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)の怪しい正体!

韓国時代劇の最高のキャラはやっぱり張禧嬪!



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る