『オクニョ』を演出したイ・ビョンフン監督のドラマ作りとは?

主人公に感情移入できる

二番目の特徴は、主人公が苦労しながら成長していくサクセスストーリーが多いということだ。
チャングムにしてもイ・サンにしてもトンイにしても、それぞれが苦しい立場に追い込まれているのだが、あくなき向上心で成長していく……そういう前向きな人間ドラマがイ・ビョンフン監督は好きなのだ。
それだけに、結末ではハッピーエンドを好む。




たとえば『イ・サン』に関して言うと、史実で彼は毒殺された可能性が非常に高いのだが、ドラマの中ではそういう毒殺の場面が1つも出てこなかった。毒殺で終わってしまうとドラマ自体の印象が暗くなるので、イ・ビョンフン監督はあえて韓国人なら誰もが知っている「イ・サン毒殺説」を取り上げなかった。
そんなふうにハッピーな終わり方をよくするので、視聴者は主人公に感情移入しながら応援する気持ちでドラマを見られるのである。それが、また人気の秘訣だろう。(ページ3に続く)

イ・ソジン主演!激動の時代を生きた王の生涯を描いた『イ・サン』

チョ・スンウ主演!韓国時代劇で初の獣医を描いた『馬医』

韓国時代劇の傑作紹介8『トンイ』

韓国時代劇の傑作紹介6『宮廷女官 チャングムの誓い』



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る