神徳王后(シンドクワンフ)の無念!朝鮮王朝王妃側室物語1

 

朝鮮王朝の27の王たちを支えたのが、王妃や側室である。彼女たちは、韓国時代劇のもう1人の主役と言ってもいいだろう。王妃や側室となった女性たちの人物像と歩んだ道をたどってみたい。

 

 

大事な後継者選び

1392年に朝鮮王朝を開いた太祖(テジョ/李成桂〔イ・ソンゲ〕)は2人の王妃を迎え、8人の息子をもうけた。
しかし、その兄弟同士で殺し合う後継者争いが起きてしまう。そもそも、2人の王妃が同時にいたことが原因だった。




太祖が最初に妻として迎えたのは神懿(シヌィ)王后。彼女との間に芳雨(バンウ)、芳果(バングァ)、芳毅(バンウィ)、芳幹(バンガン)、芳遠(バンウォン)、芳衍(バンヨン)という6人の息子をさずかった。
しかし、神懿王后は太祖が朝鮮王朝を開く前年の1391年に、54歳で亡くなってしまった。
太祖は当時、第二夫人の神徳(シンドク)王后(1356-1396年)をめとっており、その間に芳蕃(バンボン)と芳碩(バンソク)という2人の息子をもうけていた。
1392年、太祖の後継者選びが始まった。(ページ2に続く)

元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

なぜ朝鮮王朝を舞台にした時代劇は刺激的なのか(前編)

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る