貞明公主の波乱万丈の人生6「結婚」

 

1623年、光海君(クァンヘグン)を王宮から追放するクーデターが成功し、主導した綾陽君(ヌンヤングン)が16代王・仁祖(インジョ)として即位した。仁穆(インモク)王后と貞明公主(チョンミョンコンジュ)も幽閉を解かれ、完全に名誉が回復された。

CparnkkeiOjYcpO1486695533_1486695565




婚期をのがしていた王女

20歳になっていた貞明公主。幽閉されていたために、結婚もできなかった。通常の王女は10代前半に名家の御曹司と結婚するというのに……。
婚期が遅れた貞明公主に対して、母の仁穆王后は迅速に動いた。クーデターが成功した数日後には、早くも貞明公主の婿を選抜する行事を推進した。
しかし、婿選びは難航した。
理由は貞明公主が20歳を過ぎていたからだ。
当時、そこまで未婚でいる上流階級の女性はいなかった。しかも、王女の相手にふさわしい男性は10代の半ばまでに結婚してしまっていて、候補になる男性があまりいないような状況だった。
仁穆王后が貞明公主の婿選びにあまりに熱心だったので、仁祖も全面的に協力した。その結果、選ばれたのは高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)だった。
洪柱元は1606年の生まれだった。貞明公主が1603年の生まれなので、婿のほうが3歳下だった。




朝鮮王朝時代には、上流階級で姉さん女房が結構多かった。それだけに、貞明公主のほうが年上というのは違和感がないのだが、17歳の夫と20歳の花嫁というのは、やはり当時としては異例だった。
確かに、王女が20歳まで未婚というのは前例がないほどだったのだが、それもすべて大事な時期に幽閉されていたからだ。貞明公主の場合、その事情があまりに特殊すぎたのである。
とはいえ、彼女の結婚は、仁祖にとっても有意義なことだった。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

貞明公主の波乱万丈の人生4「歓喜」

貞明公主の波乱万丈の人生7「危機」



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る