イ・ヨン(孝明世子)を現代に甦らせたドラマ!/「雲が描いた月明り」特選17

 

『雲が描いた月明り』が韓国で大ヒットしたおかげで、韓国ですっかり有名になった歴史上の人物が、イ・ヨンという名前だった孝明世子(ヒョミョンセジャ)だ。実在した彼は、1809年に生まれて、1830年に亡くなっている。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

名君になれる逸材だった

孝明世子はとても優秀な世子だった。
しかし、王にならないままに21歳の若さで亡くなっているので、歴史的に語れる物語が少なかった。
そんな孝明世子を主人公のモデルにして『雲が描いた月明り』は作られているが、もともとはWEB小説が原作ということで、歴史的な事実にかなりフィクションが加えられている。
果たして、孝明世子はどんな青年だったのだろうか。
父の純祖(スンジョ)に代わって18歳で代理聴政(テリチョンジョン/摂政のこと)をして大きな実績を作り、国王になったら名君になるのは間違いないと思われていた。




それなのに、わずか21歳で急死してしまい、孝明世子が国王になる姿を見ることはできなかった。
そのことが本当に残念であった。
(ページ2に続く)

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」特選1

イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?/「雲が描いた月明り」特選2

イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?/「雲が描いた月明り」特選3

イ・ヨン(孝明世子)が主役のドラマは史実とどう違う?/「雲が描いた月明り」特選15

イ・ヨン(孝明世子)を助けた茶山(タサン)は丁若鏞(チョン・ヤギョン)!/「雲が描いた月明り」特選16

イ・ヨン(孝明世子)に代表される「世子」とは何か?/「雲が描いた月明り」特選18



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る