大人の女優に成長したキム・ユジョン!/「雲が描いた月明り」特選7

 

『雲が描いた月明り』で主人公のイ・ヨンに愛されるホン・ラオンに扮したキム・ユジョン。1999年生まれの彼女は、『雲が描いた月明り』を撮影時には17歳だった。子役時代から有名だったが、すっかり美しい女優に成長していた。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




時代劇が多かった

キム・ユジョンが子役としてデビューしたのは4歳のときだった。映画『親切なクムジャさん』で拉致された子供の役に扮していた。
そのときは撮影現場が怖くて、セリフも言えずに泣いてばかりいた。
しかし、出演作が次々と決まっていった。『イルジメ(一枝梅)』『トンイ』『太陽を抱く月』……。人気となった作品で重要な子役を演じた。
キム・ユジョンは特に、『トンイ』のイ・ビョンフン監督から多くのことを学んだ。
「他の俳優の方々はイ・ビョンフン監督と仕事をするのは大変だと言いますが、その分、学べることも多いんです。監督は私に発声も教えてくださいました」
キム・ユジョンはイ・ビョンフン監督が「芸能界で一番の先生だった」と言う。
彼女はなぜか時代劇の出演が続いた。
それは、メリットも多かった。
「時代劇に出ると歴史についてもっと学ぶことができます」
そう彼女が言う通りだ。
「撮影のためにどうしても授業を抜ける場合が多いのですが、時代劇をすれば歴史に関する本をもっと読むようになります」




キム・ユジョンにとって、時代劇は歴史の授業でもあったのだ。しかし、言葉づかいなどが難しいのも確かだ。
「『太陽を抱く月』の第1話が放送されたときは落ち込みました。私の演技に足りないところが多かったんです」
「インターネットでも『下手だ』という評が出ました。でも第2話が放送されてからは、視聴者の方々が少しずつ認めてくださいました」
認められたことが本当にうれしかったというキム・ユジョン。彼女は子役として作品ごとに大人顔負けの演技をするようになった。
しかし、気になることがあった。
当時は「子役は大成できない」というジンクスがあったのだ。
そのことで苦しんだ時期も続いた。
(ページ2に続く)

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」特選1

イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?/「雲が描いた月明り」特選2

イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?/「雲が描いた月明り」特選3

イ・ヨン(孝明世子)は史実でも本当に妹思いだった!/「雲が描いた月明り」特選4

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らしたドラマ!/「雲が描いた月明り」特選5

主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!/「雲が描いた月明り」特選6



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る