イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?/「雲が描いた月明り」特選2

 

パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演して大人気となった時代劇『雲が描いた月明かり』の歴史背景を説明していこう。今回は、主人公となっているイ・ヨンの性格や生き方について解説する。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明かり』公式サイトより




イ・サンに似ていた孫

1809年に生まれた孝明世子(ヒョミョンセジャ)が、『雲が描いた月明かり』のイ・ヨンのモデルとなっている。
彼は23代王・純祖(スンジョ)の長男であった。
しかし、孝明世子の性格や素質は、祖父である22代王・正祖(チョンジョ)によく似ていたと言われている。正祖といえば、時代劇『イ・サン』でも有名な朝鮮王朝後期を代表する名君である。
この正祖は、派閥争いの弊害から常に暗殺の危機に陥っていて、夜中に急襲されることを恐れて、寝ないで本を読んでいた。だからこそ、正祖は大変な博学になり、学者顔負けなほど豊富な知識を持つに至ったのだ。
正祖の息子として1800年に即位したのが純祖であるが、彼は気が弱くて、政治の主導権を正室・純元(スヌォン)王后の外戚である安東金氏(アンドン・キムシ)に握られてしまった。
結局、在位中に政治的な業績を残せないまま1834年に亡くなってしまったのだが、孝明世子は父親の純祖よりも祖父の正祖から才能を受け継いだようだ。
孝明世子は幼いころから頭脳明晰で、中国の古典に早くから精通していた。そういう素養があるがゆえに、朝鮮王朝の最高学府である成均館(ソンギュングァン)にわずか8歳で入学し、さらに勉学を積んだ。
朝鮮王朝には数多くの世子(セジャ)がいたが、その賢明さは随一であった。
その知性に純祖が大変な期待をかけたからこそ、まだ18歳だった孝明世子に1828年から代理聴政(テリチョンジョン)をさせたのだ。
代理聴政というのは、王に代わって政治を仕切ることを指している。通常は、未成年の王が即位したときに王族の最長老女性がよく代理聴政を行なったりするが、さらには、在位中の王の病状が悪化したときなどに、世子が代理聴政を行なうケースもあった。




こうした代理聴政で実績を上げれば堂々と王に即位できるのだが、逆にここで失政を重ねると世子としての適性を疑われて、国王の道が危うくなってしまう。それだけに、世子が代理聴政をするというのは緊張感が伴うものであった。何よりも、政治の中枢にいる官僚たちとうまくやっていかなければならなかったのだ。
実際、『雲が描いた月明かり』でも同じように描かれていたごとく、孝明世子が代理聴政をしたときというのは、母親の純元王后の実家である安東金氏が純祖に代わって実権を握っていた。
しかし、孝明世子の妻は豊壌趙氏(プンヤン・チョシ)の重鎮である趙萬永(チョ・マニョン)の娘であり、この豊壌趙氏というのは安東金氏に対抗する勢力であった。つまり、孝明世子は母親の実家と妻の実家の勢力争いの中で、うまく舵取りをしなければならなかった。
(ページ2に続く)

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」特選1

イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?/「雲が描いた月明り」特選3

イ・ヨン(孝明世子)は史実でも本当に妹思いだった!/「雲が描いた月明り」特選4

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らしたドラマ!/「雲が描いた月明り」特選5

主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!/「雲が描いた月明り」特選6

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の最期とは?




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る