燕山君(ヨンサングン)の母は死罪になった/朝鮮王朝廃妃(ペビ)列伝1

母親と息子の運命

『宮廷女官 チャングムの誓い』の冒頭シーンで元王妃が死罪になる場面が出てくるが、まさにその女性こそが尹氏だった。
しかし、問題は尹氏の死では解決しなかった。なぜなら、彼女の息子が燕山君(ヨンサングン)だったからだ。
成宗が亡くなった後に燕山君が即位し、彼は暴君として悪政を繰り返したが、特に母親の死に関係した官僚たちを大虐殺した。




これは、朝鮮王朝の歴史に残る大惨事であった。
結局、このことで官僚の恨みを買った燕山君は1506年にクーデターで王宮を追われてしまった。
そして、島流しになって、わずか2カ月で絶命した。
母親と息子は、一時は朝鮮王朝で最高の位置にいたのに、共に悲惨な最期を遂げたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

廃妃(ペビ)・尹(ユン)氏!嫉妬心が最悪の結果を招いた

嫉妬心で身を滅ぼした廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)!朝鮮王朝王妃側室物語7

燕山君(ヨンサングン)と仁粋(インス)大妃!祖母と孫の不幸な関係

『七日の王妃』で対立!燕山君(ヨンサングン)と晋城大君(チンソンデグン)

解説!燕山君(ヨンサングン)の廃位と中宗(チュンジョン)の即位




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る