文定(ムンジョン)王后は人生の中でどんな悪事を働いたか

悪政に苦しむ民衆

仁宗は、即位からわずか8カ月で世を去ってしまう。彼の死因の1つの可能性として、文定王后に毒殺されたのではないかと言われている。
その仁宗の後を継いで13代王・明宗(ミョンジョン)となったのが、文定王后の息子の慶源大君である。
しかし、このとき明宗はまだ11歳だったため、母親である文定王后が代理で政治を行なった。




政治の実権を掌握した文定王后は、自分の一族の者たちを重要な職に就けていった。その影響で政治が腐敗してしまった。
さらに、当時の朝鮮半島では作物が育たず、民衆たちが飢餓に苦しんでいた。それなのに、文定王后は何の対策も立てずに民衆を見捨てたのである。
王の母親という立場を利用して様々な悪政を行なった文定王后は、1565年に世を去った。

文=康 大地(コウ ダイチ)

〔特集〕文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

明宗(ミョンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る