文定(ムンジョン)王后は人生の中でどんな悪事を働いたか

体調を崩した仁宗

1545年、文定王后は仁宗を呼び出した。祭祀を終えた仁宗は、文定王后のもとへ向かおうとする。しかし、このとき彼は体調を崩していた。
臣下たちは王が無理しないように止めたのだが、息子として行かなければならないと思っていた仁宗は、臣下たちの意見を無視した。
文定王后は、王である仁宗に対してずっと冷たい態度を取っていたが、このときは違った。




彼女は、自分の部屋を訪れた仁宗をにこやかな笑顔で迎えた。仁宗は、今まで冷たい態度を取っていた文定王后の機嫌がいいことを喜び、差し出された餅を食べた。
仁宗は即位直後から体調を崩していたが、文定王后のもとを訪れた後に症状が悪化してしまう。
下痢や高熱を発したうえで気を失ってしまった仁宗は、医師たちの治療によってなんとか意識を取り戻したが、絶対に安静にしていなければならなかった。
そのような状況にもかかわらず、文定王后は王の見舞いに行こうとはしなかった。それどころか、外出騒ぎを起こして臣下たちを混乱させた。(ページ3に続く)

〔特集〕文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

明宗(ミョンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)の正体!嫌々王になって最後まで影が薄かった



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る