「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

粛宗の怒り

張禧嬪のもとを訪ねる回数がめっきり減った粛宗は、その代わりに、淑嬪・崔氏のもとを足しげく通うようになった。
その末に、淑嬪・崔氏は1694年に男子を産んだ。その子が後の21代王・英祖(ヨンジョ)である。
張禧嬪は王の寵愛を受けて王妃にまでなったのだが、その寵愛を失えば結果は見えていた。ちょうど政変が起きて、張禧嬪の後ろ楯となっていた南人派が力を失うと、張禧嬪の立場はとたんに弱くなった。ひんぱんに心変わりする粛宗は、今度は張禧嬪の降格と仁顕王后の復位を決めた。
王の決定だけに張禧嬪も逆らうことができなかったが、彼女は次の作戦を実行した。張禧嬪はわざわざ神堂を建て、仁顕王后の死を願って特別な祈祷を続けていた。




その呪いのせいかどうかはともかくとして、せっかく王妃に復位した仁顕王后は、病弱であったことがわざわいして1701年に34歳で世を去った。
その後に、淑嬪・崔氏の証言によって、張禧嬪が仁顕王后の死を願って呪術を繰り返していたことが暴露された。
粛宗は怒りの王命を出した。
「張禧嬪を死罪にせよ」
1701年、張禧嬪は42歳で死罪となった(張禧嬪が産んだ息子は1720年に景宗〔キョンジョン〕として即位した)。
(ページ6に続く)

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行




ページ:
1 2 3 4

5

6

関連記事

ページ上部へ戻る