「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

無惨な最期

張緑水は、王と虚飾に溺れた日々を過ごし、それが永遠に続くと錯覚していた。
しかし、暴君の悪政は長く続かなかった。
1506年、国を憂えた高官たちがクーデターを起こして、燕山君は王位を追われて流罪となった。正妻だった慎氏(シンシ)は廃妃となり、その他に燕山君の取り巻きたちも処罰された。
張緑水は斬首となり、その遺体はしばらく市中にさらされた。その遺体に向かって多くの民衆が唾を吐いて石を投げたという。暴政のせいで生活が苦しくなった恨みを露骨にぶつけたのである。
次に鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)について。
最下層の身分となる奴婢(ぬひ)の出身だった鄭蘭貞は妓生(キセン)となり、宴席で出世の相がある人物をさがした。その中で、目をつけたのが尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。




尹元衡は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の王妃だった文定(ムンジョン)王后の実弟である。
彼は姉に引き立てられて、高官にのぼりつめていた。
そんな尹元衡は図に乗って料亭通いを続けていたが、その中で鄭蘭貞が気に入り、妾にした。
しかし、鄭蘭貞のほうは高官の妾ではとうてい満足できなかった。彼女は初めから尹元衡の正妻になることを狙っていた。
しかも、鄭蘭貞は文定王后に近づきたかった。そこで画策したのが、文定王后が警戒していた敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏を追放して点数をかせぐことだった。当時、敬嬪・朴氏は中宗にもっとも気に入られていた側室だった。
(ページ3に続く)

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行




ページ:
1

2

3 4 5 6

関連記事

ページ上部へ戻る