イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑2

 

22代王・正祖(チョンジョ)が病をわずらったのは1800年の6月下旬だった。旧暦の6月下旬というと、新暦でいえば7月から8月にかけての頃である。蒸し暑い日が続き、正祖は「毎日よく眠れない」と嘆いた。

 

脈が弱くなってきた

1800年6月27日、内医院(ネイウォン/王族を診察する医院)の高官だった李時秀(イ・シス)が正祖に聞いた。
「昨日の夕方、殿下を診察しましたが、まるで眠っていらっしゃるように朦朧とされていましたが、今も同じですか。夜もずっとそういう状態だったのでしょうか」




「夜が明けるまでのことをこまごまと話すのは難しい」
正祖は話すのも億劫(おっくう)という状態だった。
医官たちが正祖の脈を取って「脈が弱いようです」と述べた。
それを受けて、李時秀と正祖が服用薬について話し合った。(ページ2に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑3

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

https://goo.gl/MHH8xZ

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

https://goo.gl/xiEKaZ

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

https://goo.gl/t8LDqF



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る