話題の時代劇『蒋英実(チャン・ヨンシル)』

科学者が主人公の異色作

朝鮮王朝を舞台にした韓国時代劇。これだけたくさん作られると、テーマや時代設定が似てきてしまうのもやむをえない。そう思っていたら、今までほとんど登場しない人物がドラマの主人公になった。それが、韓国KBSで放送された『蒋英実(チャン・ヨンシル)』である。果たして、蒋英実は誰なのか。

天文観測器具を開発した偉人のドラマなので、ポスターも星空がイメージされている(写真/韓国KBS公式サイトより)

一口でいえば、「朝鮮王朝最高の科学者」と呼ばれている偉人である。
彼は、4代王・世宗の治世時代(1418~1450年)に活躍した科学者で、水時計・日時計や天体観測器具などを開発。15世紀の朝鮮王朝時代に科学技術の発展に貢献している。




もともと低い身分の出身だった。
序列意識に基づく厳しい身分制度を採用していた朝鮮王朝では、蒋英実のように格下の人間は頭角を現すことができないのだが、朝鮮王朝最高の名君と呼ばれる4代王・世宗(セジョン)は、身分の垣根をとっぱらって、誰もが才能をのばせる社会をめざした。その恩恵で、蒋英実も科学の才能を思う存分に発揮できたのである。
こうした天才科学者を主人公にした『蒋英実(チャン・ヨンシル)』。今までの朝鮮王朝のドラマと違って、科学の要素を取り入れることでオリジナリティあふれる時代劇になっている。(ページ2に続く)

ハン・ソッキュ主演!名君の偉業と事件を描いた『根の深い木~世宗大王の誓い~』

韓国ドラマで女性脚本家が優秀な理由

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る