ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

 

16世紀前半の11代王・中宗(チュンジョン)の統治時代に、ファン・ジニ(黄真伊)は実在していたのだが、生まれた年も死んだ年もわかっていない。彼女はまた、その時代の著名な学者や風流人とかなり交流していたはずなのに、あまり記録が残っていない。それは、ファン・ジニが妓生(キセン)だったからなのだろうか。

庶子として生まれた

ドラマ『ファン・ジニ』の脚本を書いたユン・ソンジュがこう語っている。
「脚本家になる前に、国語の教師をしていたことがあります。授業では、ファン・ジニの詩を教えました。そんな自分が、まさか、ファン・ジニを主人公にしたドラマを書くことになるなんて……。想像もできなかったことです」
苦笑するユン・ソンジュだが、国語の授業で取り上げられるほど、ファン・ジニは韓国で有名な女流詩人なのである。
もともとファン・ジニは、両班(ヤンバン/朝鮮王朝時代の貴族階級)の庶子として松都(ソンド/現在の開城〔ケソン〕)に生まれた。
身分制度が厳格だった朝鮮王朝だけに、庶子はきびしく差別された。




それでも、ファン・ジニはたぐいまれな才能を持っていて、小さい頃から学問に習熟して詩を書いたという。
(ページ2に続く)

華麗なファン・ジニ(黄真伊)の人生は謎に包まれている!

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1

朝鮮王朝人物列伝特選6「ファン・ジニ(黄真伊)」

韓国時代劇の傑作紹介7『ファン・ジニ』

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る