キム・ジャジョム(金自点)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』に登場

 

韓国時代劇『華政(ファジョン)』で策士として特別な存在感を見せているキム・ジャジョム(金自点)。演じているのは、数々の名作ですばらしい演技を見せてきた名優のチョ・ミンギである。

DUsTE3_CElZh0Rq1488332559_1488332586




王位交代の一等功臣

歴史的に、キム・ジャジョム(金自点)とはどういう人物だったのだろうか。
生まれたのは1588年と言われている。
官僚として頭角を現したのは、綾陽君(ヌンヤングン)が主導した1623年のクーデターのとき。綾陽君は光海君(クァンヘグン)を廃位にして自分が16代王・仁祖(インジョ)として即位したが、キム・ジャジョムは王位交代の一等功臣に選ばれ、出世の足掛かりをつかんだ。
彼は何よりも、賄賂を使って有力者の支持をとりつけることが巧みだった。そういう意味では、生まれつきの策士だったと言える。
せっかちで強気な性格。それが、キム・ジャジョムに対する周囲の評価だった。
彼は目立つことを率先して引き受け、仁祖にも大いに気に入られた。
後に仁祖は趙(チョ)氏という女官が気に入って側室に昇格させたが、キム・ジャジョムはこの趙氏にも近づき、2人は様々な策略に手を染めていった。
ただし、キム・ジャジョムにも大ピンチがあった。




1636年12月に清が大軍で攻めてきたとき、キム・ジャジョムは作戦に失敗したのである。
結果的に、味方が敗走する原因を作ってしまった。
「処刑せよ」
キム・ジャジョムは対抗勢力から厳しく糾弾されたが、かろうじて命を助けられ、その後に復権している。
(ページ2に続く)

17代王・孝宗(ヒョジョン)/朝鮮王朝国王列伝17

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)と昭顕世子(ソヒョンセジャ)の不幸な親子関係!




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る